ユニークな社員教育の内容が知りたい!

仕事に結びつく内容が多い

就職すると新入社員教育をはじめ、折に触れて教育を受ける機会が出てきます。また、入社する前段階から教育が始まるところも多いことから、その重要性が問われるのではないでしょうか。そんな社員教育のなかには、意表を突くようなユニークな内容も少なくありません。たとえば、短期間のキャンプや山ごもりなどを取り入れる方法です。過酷な環境に身を置くことで、体力や精神力を鍛えるだけでなく、チームワークづくりも期待されます。幼稚園で子どもたちと接することでファミリー層への顧客ノウハウを学ぶなど、仕事内容に結びつく内容もうかがえます。社員教育といえば講師の話を聞くとのイメージが大きいですが、既成概念を打破することで新鮮な発見があるのかもしれませんね。

社員が楽しめる内容も多い

社員教育や研修に出席すると、睡魔との闘いを余儀なくされることも少なくありません。仕事に直結するかどうかはともかく、教育プログラムの内容は重要なものが多いですが、イスに座って聞いているだけでは「受け身」になりがちだからです。しかし、社員教育の場を外に移すだけでも、出席者の姿勢が大きく変わります。社員教育プログラムに対して、出席者が積極的に取り組めることも大きなメリットではないでしょうか。たとえば、IT機器に囲まれている職場であれば、そのような機器を使わない場所を選ぶことも選択肢のひとつです。ふだんと場所が変わることで出席者の笑顔が期待されます。実際、ユニークな社員教育を行なっている企業では、社員が楽しめる内容が多い点にも注目されます。

新人研修とはその名の通り、新人のための研修です。アルバイトや就職すると必ずと言っていいほど受講します。主にルールや仕事の進め方、基礎知識などを学びます。