わかりやすく社員教育するために…

社員教育に重要な二つのわかりやすさ

社員教育を実施する上では二つの観点からわかりやすさを重視することが大切です。教育を行ったことによって確かな効果が表れていることをわかりやすくすることと、教育を受けたことによって能力が向上したのがわかりやすくすることができると意味が大きくなっていきます。社員教育に時間とコストを費やしたからには経営者としては社員のレベルが向上しなければ意味がありません。その効果測定を行って今回の社員教育のコストパフォーマンスが高かったのかを評価するのは肝心でしょう。その効果を社員が実感できていると社員教育に積極的に関わっていくモチベーションが高まります。結果として社員教育の効果が発揮されやすくなるのがメリットです。

わかりやすくするには設計が大切

社員教育を二つの観点からわかりやすくするには設計が重要です。社員教育を通してどのような効果を上げるのかをまずは目標として定めます。そして、その目標を数値化して考えられる指標を作り出し、具体的に現状としていくつのものをどこまで引き上げるのかを考えるのが基本です。そのために必要な社員教育は何かを考えて教育内容を設定して実行すると効果測定を簡単に行うことができます。このような設計をしておくことで社員も効果が上がったことを数値で理解できるようになり、教育を受けて良かったと実感できるのです。逆に効果が上がらなかったときにはそれも明確になるため、何が問題だったのかを反省することが可能です。それが最終的には人材を成長させるのにつながる可能性もあります。